食品添加物まとめ!~使用目的を簡単に解説~

食品には様々な食品添加物が使用されています。しかし、どのような目的で加えられているのか分かりづらいですよね。それから安全性についても不安を感じている方も多いと思います。この記事では、添加物を使用目的ごとにまとめ、よく使われる食品を例示しました。普段見かける添加物がどのような目的で使用されているのかを確認してみてください。

目次

食品添加物とは

食品衛生法では、「食品添加物とは、食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用する物をいう。」と定義されています。

食品添加物は、着色料、甘味料、保存料等の種類がありますが、日本で使用できる食品添加物は、原則として厚生労働省が定めたものに限られます。

海外で使用できる添加物でも、日本では使用できないものがあります!

食品添加物の由来(分類)

食品添加物は、厚生労働大臣が指定した指定添加物と、天然に存在する既存添加物があります。他には天然素材を使用した天然香料と、飲食物を添加物として使用した一般飲食物添加物があります。

指定添加物

食品衛生法第10条に基づき、厚生労働大臣が使用を認めた添加物です。現在、465品目あります。

例:アセスルファムカリウム(甘味料)、ソルビン酸(保存料)など

既存添加物

長い間、食べられてきたもので、例外的に添加物としての使用が認められています。徐々に指定添加物に移行されていっています。現在、既存添加物は365品目あります。

例:クチナシ色素(着色料)、アナトー色素(着色料)、ステビア抽出物(甘味料)など

天然香料

動物や植物から得られる天然の物質を、香料として使用するものです。

例:イチゴ、カニ、シトラスなど

一般飲食物添加物

一般の飲食物を添加物として使用するものです。

例:茶(着色料)、ココア(着色料)、野菜ジュース(着色料)、小麦粉(製造用剤)

食品添加物の種類と使用目的

製造の過程で使用されるもの

酸・アルカリ剤

食品に、酸又はアルカリ性を与えて、性質を変化させます。

使用例:かんすい(アルカリ剤)・・・中華麺の製造(弾力性を持たせます)

ろ過助剤

不純物を吸着し、ろ過を効率的に行います。

使用例:活性炭・・・ビールのろ過

抽出溶剤

大豆等の原材料から、油脂などを効率的に抽出できるようにします。

使用例:ヘキサン・・・食用油の抽出

他に、pH調整剤、消泡剤等があります。

食品を形作るために使用されるもの

凝固剤

豆乳を固めて、豆腐にするために用いるものです。いわゆる『にがり』も凝固剤に含まれます。

ゲル化剤

冷やすとゲル化(固形化)するものです。ゼリーやジャムを固形化する際に使用します。

使用例:ペクチン・・・ジャム

乳化剤

水や油のような、本来混じり合わないようなものの境界に働いて、均一にさせます。

使用例:レシチン・・・アイスクリーム、マーガリン

膨張剤

ふくらし粉やベーキングパウダーとも呼ばれ、炭酸ガスを発生させ、焼菓子等をふっくらと膨張させます。

使用例:重曹・・・焼菓子

結着剤

ハムやソーセージなどの組織の改良、たんぱく質の変性防止、解凍時のドリップ防止などの目的で使用します。

使用例:リン酸・・・ハムやソーセージ

嗜好性を高めるために使用されるもの

発色剤

肉類の鮮紅色を保持するものです。

使用例:亜硝酸ナトリウム・・・ハムやソーセージ

着色料

食品を着色するものです。

使用例:クチナシ色素・・・菓子

漂白剤

食品を漂白するものです。

使用例:亜硫酸ナトリウム・・・野菜類や果物、かんぴょう

甘味料

食品に甘みをつけるものです。

使用例:キシリトール・・・チューイングガム、キャンディ

酸味料

フルーツ系の酸味をつけるものです。

使用例:クエン酸・・・清涼飲料水、ジャム等

調味料

食品に旨味を与えます。本来、かつおや昆布に含まれる、アミノ酸、核酸、有機酸、無機塩の旨味成分を化学的に合成又は抽出したものです。

香料

食品に香りを付けたり、増強したりします。天然から抽出されたレモン、オレンジ、ジャスミンなどに加えて、化学的に合成されたアセト酢酸エチル等があります。

使用例:バニラ香料・・・菓子

品質を保持する目的で使用するもの

酸化防止剤

油脂などの酸化を防止するものです。

使用例:カテキン・・・水産加工品や菓子等

保存料

カビや微生物等の発育を抑制し、食品を保存するものです。

使用例:ソルビン酸・・・チーズや魚肉練り製品

防カビ剤

かんきつ類のカビ発生を防止するものです。農薬です。

使用例:イマザリル・・・かんきつ類やバナナ

殺菌料

食品に付着した微生物等を殺菌するもの。保存料と異なる点は、微生物の発育を抑制することではなく、死滅させます。

使用例:次亜塩素酸ナトリウム・・・数の子や野菜類

栄養成分の補填、強化を目的に使用されるもの

ビタミン類、核酸、ミネラル類、アミノ酸類等

栄養強化を目的に、ビタミン類やミネラル類が食品添加物として使用されます。

まとめ

この記事では、食品添加物の種類と使用目的を簡単にまとめました。普段食べられている食品にどのような食品添加物がどのような目的で使用されているのかを知っていただければと思います。

食品添加物は、その種類や規制が複雑で一度に説明することができませんので、具体的な添加物を使用することができる食品や安全性等については、今後、個別にページを作成しようと思います。

あわせて読みたい
薬剤師が食品添加物のメリットとデメリットを解説します! 食品には添加物が使われているけどどういうメリットがあるの?デメリットもあれば教えてほしい! 食品添加物は食品を長持ちさせたり、味をととのえたりする効果がありま...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる