生食は危険!お肉を安全に食べるための加熱の目安と調理方法について

ゴン

今日の晩御飯はステーキだ!レア焼きで食べるぞー!

もぐ

ちょっと待って!加熱が不十分だと食中毒を起こす危険性があるよ!

ゴン

本当にー?お店とかでもレア焼きのステーキが出てくるよ?

もぐ

お店で出されているからといって安全ではありません。
お肉にはどのような危険性があって、どのようにすれば安全かを知っておく必要があります。

ゴン

お肉はしっかり焼かないとダメってこと?具体的にどれぐらい焼けばいいんだろう?

もぐ

それじゃあ、この記事でお肉に潜む危険性と、どうすれば安全に食べられるかをまとめます!

記事の信頼性

この記事は、保健所で食品衛生監視員として働いた後、食品工場の食品管理部で働いている薬剤師が、お肉の安全な食べ方についてまとめました。

目次

お肉を原因とする食中毒

お肉を、生や、加熱不十分な状態で食べると食中毒を起こす可能性があります。

牛のレバー、豚肉、鶏肉は、『生食用』として売られているものはありません。牛肉は法律に適合したものに限り、流通していますが、抵抗力の弱い子供には食べさせないでください。

鶏肉を原因とする食中毒

鶏肉を生(刺身)で食べたり、加熱不十分(たたき)で食べたことによる、カンピロバクター食中毒が多発しています。

カンピロバクター食中毒は、全国で最も多く発生している食中毒です。

もぐ

生食用の鶏肉は流通していないので、お店で出されている鶏の刺身やたたきは『加熱用』のものを使っています。
カンピロバクター食中毒について、詳しくは次の記事も読んでみてください!

あわせて読みたい
鶏タタキや鶏刺身は食べても大丈夫!?食中毒の危険性は? よく居酒屋で鶏の刺身やたたきが提供されてるけど、鶏肉って生で食べて大丈夫なのかな?食中毒とか起こらない? 結論から言うと、鶏の刺身やたたきを食べると食中毒を起...

主に牛肉を原因とする食中毒

牛肉を生食することにより、腸管出血性大腸菌O157にかかる恐れがあります。

O157は、重症化しやすく、特に子供の場合は命に関わることもあります。

実際、O157を原因として死亡した事例もたくさんあり、非常に怖い食中毒菌です。

ゴン

O157が原因で死者が数名出た、焼肉屋での食中毒事件があったね。。。

お肉の加熱の目安

お肉は、中心温度が75度で1分間以上加熱すれば、安全に食べることができます。

ゴン

時間は測れるけど、中心温度は家では測りにくいよね(汗)

もぐ

そんなときは、お肉の赤身がなくなるまで加熱してもらえたら大丈夫です!
それから、ハンバーグとかだと、肉汁が透明になったら十分加熱できた目安です。

お肉が硬くなるのを防止するためには、加熱する前に、包丁やフォークで切れ目を入れたり、叩いたりして、スジを切っておくと、柔らかく焼き上がります。

加熱以外に注意すること

お肉を安全に食べるためには、加熱以外にも注意しなければならないことがあります。

調理器具はしっかり洗浄消毒

お肉を切った包丁やまな板には、食中毒菌が移っています。

お肉を切った包丁やまな板は、洗剤とスポンジでしっかり洗浄した後、熱湯や漂白剤、アルコールで消毒しましょう。

もぐ

アルコール消毒するときは、水気をしっかり拭いてから、しましょう!水気が残っていると消毒効果が落ちてしまいます!

生肉を触ったお箸で食べない

生肉を触ったお箸は、食中毒菌に汚染されている可能性があります。

焼肉やしゃぶしゃぶで、生肉を触るお箸は専用にしましょう。

まとめ

この記事では、お肉を原因とする食中毒と、その予防方法についてまとめました。

お肉は少しレア焼きの方が、柔らかいため、美味しく食べられますが、安全に食べることの方が大切です。

特に、子供や高齢者は抵抗力が弱いので、お肉を生や加熱不十分で食べさせないように注意しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる