地方公務員として働く薬剤師と獣医師の保健所での仕事内容とは

ゴン

保健所で働く薬剤師や獣医師ってどんな仕事をしてるの?

もぐ

保健所の公務員薬剤師や獣医師は食品衛生監視員として働いています。
この記事では、食品衛生監視員の仕事内容と、良かった点、辛かった点について紹介したいと思います。

記事の信頼性

この記事は、保健所の食品衛生監視員として働いた後、食品工場の品質管理部で働いている薬剤師が、保健所で経験した業務について紹介します。

目次

食品衛生監視員の仕事

保健所の食品衛生監視員の仕事は、食品衛生に関することを、取締ることがメインです。

主なものを次に列挙しました。

業務まとめ
  1. 飲食店や食品製造施設の営業許可業務
  2. 食品関係施設の定期監視
  3. 食品の検査業務
  4. 食品の表示指導と監視
  5. 食中毒に関する調査
  6. 異物混入など、違反食品に関する調査
もぐ

それぞれについて、具体的に説明していきます。

①飲食店や食品製造施設の営業許可業務

飲食店や町のお菓子屋さん、大規模な食品工場など、食品を作ったり、取り扱ったりする施設は、食品衛生法に基づく営業許可が必要です。

営業許可を取るためには、各都道府県の条例によって、必要な設備が決められています

施設側はそれらの設備を設けないと許可を受けることができません。

食品衛生監視員は、施設側から営業許可申請があれは、その施設まで設備を確認しに行き、問題がなければ営業許可を出します。

また、多くの場合、営業許可は6年ごとに更新する必要があるため、その都度施設の設備が変わっていないか確認しに行くこともあります。

②食品関係施設の定期監視

食中毒の発生しやすい夏の時期や、食中毒のリスクが大きいお弁当屋さん、大規模な食品工場に対しては、毎年立ち入り調査を実施している自治体もあります。

施設の衛生状態が悪い場合は、改善指導を行い、改善されているか確認も行います。

もぐ

立入するときは、白衣、帽子、マスク姿です。一日何軒も回るので、夏場は非常に暑いです。

③食品の検査業務

保健所では、食品の抜き取り検査を行っています。

スーパーなどの食品販売店で売られている食品を無償で譲り受けて検査を行います。

この無償で譲り受ける行為は、食品衛生法第28条に基づくものです。

検査の結果、食品添加物や細菌数に違反がみられた場合は、回収指導を行ったりします。

ゴン

お店の人は、無償で商品を渡すことに抵抗はないの?

もぐ

当然よく断られますが、法律を説明し、なんとかご理解を得ていました。

あわせて読みたい
薬剤師が食品添加物のメリットとデメリットを解説します! 食品には添加物が使われているけどどういうメリットがあるの?デメリットもあれば教えてほしい! 食品添加物は食品を長持ちさせたり、味をととのえたりする効果がありま...

④食品の表示指導と監視

食品には、使われてる原材料や添加物、賞味期限や製造者情報を表示する必要がありますが、適正にされているかを確認します。

方法は、スーパーで売られているものや、ネットで販売されているもの、店頭で販売されているものを抜き打ちでチェックし、問題があれば、指導を行います。

それから、事業者からの表示相談にも対応します。

もぐ

膨大な表示の知識が必要になるため、大変です。

あわせて読みたい
食品表示が免除されるのはどんなとき?具体例を挙げて解説します! 記事の信頼性 この記事は、保健所の食品衛生監視員として働いた後、食品工場の品質管理部で働いている薬剤師が、食品の免除規定について解説します。 【食品表示が必要...

⑤食中毒に関する調査

『飲食店を利用して、体調不良を起こした』という届出が保健所にあれば、原因の調査を開始します。

お店側に連絡、立入し、他にも同じような届出がないか確認し、衛生状態を確認します。

ほとんどの場合は、原因を特定するには至りませんが、他から同じような届出が寄せられていたりして、特定の施設が原因と断定できた場合は、その施設に対して営業停止処分などを行います。

もぐ

私が保健所にいたときは、毎日にようにカンピロバクター食中毒疑いの届出がありました。

あわせて読みたい
鶏タタキや鶏刺身は食べても大丈夫!?食中毒の危険性は? よく居酒屋で鶏の刺身やたたきが提供されてるけど、鶏肉って生で食べて大丈夫なのかな?食中毒とか起こらない? 結論から言うと、鶏の刺身やたたきを食べると食中毒を起...

⑥異物混入など、違反食品に関する調査

『食品に異物が混入していた』という届出を受けて、調査を開始します。

この異物とは、毛髪や虫、ガラス片など多岐に渡ります。

毛髪や虫の場合は、健康被害の可能性は低くなるため、施設に対する衛生指導で終わることが多いです。

一方で、ガラス片やプラスチック片などが混入していた場合は、対象品の回収を指示することもあります。

仕事をしていて良かったこと

私が食品衛生監視員の仕事をして良かったことを列挙します。

良かったこと
  1. 最新の食品事情に詳しくなれる!
  2. 飲食店や食品工場の裏側を見ることができる!
  3. 食品表示に詳しくなれる!

ニュースになるような、最新の食品を製造する工場の立ち上げに関わることができたり、話題のお店の営業許可を下ろしたりすることができます。

食品のことが好きな人にとっては、とても魅力的な業務内容だと思います。

仕事をしていてつらかったこと

つらかったこと
  1. 許可業務や表示相談業務は責任が重く、悩むことが多かったこと。
  2. 食中毒などの届出への対応は迅速性が必要なため、深夜や休日でも場合によっては対応が必要なこと。

許可業務や、表示相談業務は、責任が重い業務です。

なぜなら、間違って許可してしまったり、表示相談に対して間違った回答をしてしまうと、事業者に損害を与えることに繋がり、場合によっては、訴えられることがあるからです。

ゴン

適当に答えたりは絶対にできないってことだね

もぐ

そうだね!
いろいろ調べたりするのに時間がかかったりするけど、根拠をもって対応することを心がけたよ

さらに、食中毒関係の調査は、休日関係なく対応を求められます。

ゴン

人の生命に関わるからだね

そのため、土日でも届出があれば出勤しなければならず、自分の時間が取りにくいと感じることがありました。

食品衛生監視員に向いている人とは

食品衛生監視員になるには、医師や薬剤師、獣医師など大学などの専門的な学科を卒業している必要があります。

その中でも、私が思う食品衛生監視員に向いている人は、食品のことが好きな人です。

私が在職していたころは、仕事中も、プライベートでも食品の事を考えてしまうことが多かったですが、私は食品のことが好きだったので、食品衛生監視員の仕事は楽しく感じることが多かったです。

私の場合は、食品工場で勤務してみたかったため、転職しましたが、食品について詳しくなりたいと思う方は、是非、食品衛生監視員を目指していただきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる