サイクラミン酸など、日本では使用が認められていない食品添加物の例

ゴン

海外では使用が認められているけど、日本では使用が認められていない食品添加物ってあるの?

もぐ

もちろんあるよ!
サイクラミン酸やTBHQなんかが代表的な添加物だね

ゴン

そういった添加物ってどうして日本では使用が認められていないんだろう?
安全性に問題があるのかな?

もぐ

そうだね、安全性に問題がある添加物もあるよ
それじゃあ、この記事で、海外で使用が認められているけど、日本では認められていない添加物を何個か例を挙げて説明していくよ!
この記事を読めば、海外と日本の添加物の使用実態に違いがわかるよ

記事の信頼性

この記事は、保健所の食品衛生監視員として働いた後、食品工場の品質管理部で働いている薬剤師が、海外で使用されているけど、日本では使用が認められていない食品添加物について例を挙げて説明します。

目次

食品添加物とは

食品添加物とは、食品にある効果を期待して添加する物質のことをいいます。

食品衛生法では、「食品添加物とは、食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用する物をいう。」と定義されています。

食品添加物は、着色料、甘味料、保存料等の種類がありますが、日本で使用できる食品添加物は、原則として厚生労働省が定めたものに限られます。

もぐ

日本では、使用できる食品添加物は食品衛生法第10条で決められているよ!

ゴン

決められたもの以外を食品に使用してしまうと、食品衛生法違反になって回収とかを行政から回収とかを命じられるんだよね
たまに輸入食品の回収のニュースを見るよね

食品添加物指定の大まかな流れ

ここでは、食品添加物の使用が、厚生労働省によって認められる流れを紹介します。

STEP
その食品添加物を食品に使用したい事業者が厚生労働省あてに申請する

その添加物の有効性や、安全性について資料を添付する。

STEP
厚生労働省が専門家と相談しながら有効性と安全性を評価する
もぐ

評価にかかる期間は長くて、通常1年間ぐらいかかるみだいだよ

STEP
有効性、安全性に問題がなければ使用が許可される

この他にも、世界で広く使われている添加物がある場合は、輸入食品の輸出入にかかる外交上の問題で、申請がなくても、厚生労働省が独自に審査を進め、日本でも使用ができるようにしたりします。

海外で使用できて日本では使用できない添加物

この記事では、代表的な添加物を3つ取り上げます。

もぐ

輸入食品からよく検出される添加物だよ

① 甘味料:サイクラミン酸(チクロ)

サイクラミン酸(チクロ)は、人工甘味料の一つです。

ゴン

甘味料だから、サッカリンやアスパルテームと使用目的は一緒だね

日本では、発がん性、催奇形性などが疑われたことから使用が禁止となりました。

もぐ

1970年ごろまでは、日本でも使われていたんだけど、健康への影響を再調査したところ、問題が発覚したそうだよ

一方で、海外の一部の国では使用が認められています。

サイクラミン酸の使用が認められている国

中国、EU、カナダなど

ゴン

どうして海外では使用が認められているんだろう?

もぐ

海外の機関で行われた再調査では、安全性に問題は見られなかったようだね

日本では、サイクラミン酸の使用は、現在でも認められていません。

もぐ

サイクラミン酸について、再調査が行われ、安全性に問題がないと判断されれば、また使用が認められると思いますが、その予定は今のところなさそうです。

ゴン

日本じゃあ、サッカリンやアセスルファムカリウムなどの、他の人工甘味料が広く使用されているからね
あえてサイクラミン酸を使用する必要がないから、企業も厚生労働省に対し安全性の再評価申請をしないんだろうね

② 酸化防止剤:TBHQ

魚介加工品などの食品の酸化を防止するために使用される添加物です。

ゴン

油を劣化しにくくさせる添加物だよ

TBHQの使用が認められている国

アメリカやEU、インドネシアなど、世界で広く使用されている。

ゴン

安全性に問題はなさそうだけど、日本で使用は認められていないんだね

もぐ

TBHQを食品に使用したいっていう申請が無いんだと思うよ
添加物の使用を認めるには基本的に企業からの申請が必要だからね

ゴン

将来、アメリカとかから圧力がかかれば、厚労省が動いて使用を認めるかもしれないね(笑)

③ 着色料

もぐ

着色料の中でも、合成着色料の一部が日本では使用が認められていません。

日本では使用が認められていない合成着色料の例

アゾルビン、カンタキサンチン、キノリンイエロー、パテントブルー、β-アポカロテナール、オレンジⅡ、グリーンSなど

もぐ

アゾルビンは、よく検疫所の検査で違反がでているよ

上記合成着色料の使用が認められている国の例

EUや、東南アジアなど

ゴン

こういった合成着色料は、お菓子や飲料に使われていることが多いよね

日本で使用が認められていない添加物が含まれる食品を食べてしまったらどうしたらいい?

ゴン

日本で使用が認められていない添加物が含まれる食品を食べてしまったらどうしたらいいの?

この記事で書いてきたとおり、日本で使用が認められていなくても、海外では使用が認められていれば、摂取してしまっても健康上のリスクは低いと思われます。

なぜなら、海外でも厳しい安全性試験が行われているからです。

もぐ

特に、アメリカやEUでは、日本よりも厳しい試験があると聞いたことがあります。

そのため、通常食べる量を食べただけであれば、健康への影響について必要以上に心配する必要はないでしょう。

もぐ

日本で使用が認められていない添加物が使用された食品が、日本に輸入される原因として一番多いのが、他の国向けのレシピで作られた商品が誤って日本に輸出されてしまうことです。

ゴン

ってことは、添加物の安全上の使用基準は守られて作られているってことだよね

もぐ

そうだね!
そういう面でも、健康への影響はほぼないと考えて大丈夫だよ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる